アキバで働いたのも今は昔。

へっぽこかーちゃん&駆け出しイラストレーターの雑記帳♪ 息子と相方と一緒に♪ イラストは【はんだのイラスト置場】にてご覧ください♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

母のこと。

この前はだらだらと父のことを書いたので
今度は母のことを書いてみようと思う。



母は父より2歳年下の56歳だが
昔が老けてたためか、今は若く見られている。何故か声も若い。
また4人兄弟の末っ子。(姉、兄、兄、母)
兄弟みんな仲良く、正月には必ずみんな集まる。
4人とも姪や娘の私が言うのも何だが、
天真爛漫な性格で細かいところを気にしない。
私たちの結婚式で親戚一同初対面のとき。
外国籍のこと、日本語を深く話せないことを
ひどく気にしていたお義母さん、
受け入れてもらえるだろうか、と不安だったお義父さんが
「みなさんがいい人達でよかった」、
相方のご兄弟も「お母さんのご兄弟は気さくでいい方達だ」
と言ってくださった。

そんな姉、兄達の中で育った母。
26歳で結婚し、27歳には私を、29歳で妹を産んだ。
初めての子の私は大変苦労したらしい。
妊娠して仕事も続けていたが私を切迫流産しかかった。
「もし流れてしまっても自分を責めないで。
あなたのせいじゃない。
この世に生まれなかったのは、
…申し訳ないけどこの世で生きる力がなかったのよ」
…と看護師さんに言われたらしい。
母にとっては酷な言葉だったろう。
でもどうにか持ち直して職場復帰した。
…と今度は逆子であることが判明…。
逆子を治す体操を懸命にしたと言う。
そして大晦日に陣痛が始まり、
病院でうろうろして邪魔だと追い出された父が
出産祈願を含めた初詣に行ってる間に私は誕生。
…それから初詣には一度も行ってません(笑)

生まれたら生まれたで半年間は苦労の連続だったと言う。
私の首の筋肉が固まっており、
首が回らない先天性筋性斜頚(せんていせいきんせいしゃけい)
と言うのと、中耳炎にかかってしまったらしい。
私の場合はとにかく筋肉をほぐさないと
首が動かせなくなると言われたようだ。
生まれて間もない私を医師の指導の元、
両親は専用の枕やかぶりものを用意したり、
首のマッサージをしてくれたようだ。
(ちなみに今は少し治療方法が違うみたいです)
そして、当たり前だが痛くて泣きじゃくる私。
ましてやいろいろな所が据わっていない。
怖いがやらないと良くならない。
「心を鬼にする」とはこういうことか、と身をもって実感したという。
そして中耳炎の通院。
当時、母は免許を持っていなかった。
自転車でかなり遠い耳鼻科まで私を連れていった。
…嫌だったろうな、本当…。
生まれる前、生まれた後と苦労させてます…。
半年後、どうにか治った私はあまり夜泣きをせず、
母乳(ミルク)を飲むか、寝てるかのどちらかで、
とても楽だったらしいのが、せめてもの恩返しと思いたい…。

母は私の性格のオリジナルだと思う。
「あんたほど開花してないわ!」とよく否定されるが(笑)
そんな母は私を産んだ後、仕事を辞めた。
父方の祖父母と一緒に住むのと、
父の「家に帰ったら、『ただいま』と言える家であってほしい」の考えからだ。

よくテレビに見るような嫁姑問題ほど泥沼でないにしろ
やっぱりイザコザはいろいろ見てきた。
祖父母はお互い我が強いが、
特に祖母は何と言うか、独りよがりのわがままなのだ。
幼すぎてわからないことも多かったが、何となく感じていたこともある。
母にわからないままよく叱られたが、
今になるとよくわかる。
父もいろいろカバーはしようとしてくれたようだが、
やっぱり大変だったんだろう…。
今は母も割り切ったのと祖母も落ち着いたので
今は特に大きなことは何もない。

また祖父は晩年、寝たきりだった。
施設に入ることを拒んだ祖父を
訪問看護の看護師さん達と一緒に
母は家族の中心になって一生懸命介護した。
私はその頃すでに家を出ていた。
…何も出来なかった。
何気ない一言で家族を傷つけたこともある。
…もどかしかった。
祖父が亡くなり、告別式で母は泣いた。
本当に心の優しい人なんだと思う。
何と言うか、母は明るく、やっぱり強い…。
そんな風に強い母になれるだろうか今から不安だ。

少し暗い話をしたので話題転換。

母は運動するのがとても好きだ。
中学ではバレーボールの主将、
高校ではハンドボールの主将。
その後父と出会う銀行でやっていたスポーツ大会では
中心になって盛り上げていたとか。
私や妹が小学生の頃はママさんバレーに積極的に参加していた。
今は歳であまりしていないが、
肩凝り対策でヨガに通っている。
何やら公民館でやるらしく、月謝もかなり安いんだとか。
やっぱり好きなことはやってて欲しい。
父のステレオ趣味に比べたら安いもんだし(笑)

また私や妹の同級生の母親同士で
仲いい方達が何人かいて
たまに昼ご飯、夜ご飯を一緒にしているらしい。
昔はできなかった。いいことだ。
父の趣味のガーデニングに付き合いつつ
(紅葉の木についたアブラムシを落とすのが楽しいらしいw)
子供たちが手を離れた今、
少しでもゆっくり過ごして欲しい、と思う。

決して子供の前で夫婦喧嘩しなかった両親。
(その分、祖父母がすごかったがw)
安心して育つことができました。
ありがとう。
父ちゃん同様、母ちゃんが母でよかった。
そんな親になれるよう頑張るよ。
…難しいなぁ、それって。はは凹
また出産時にお世話になります。
よろしくです。

関連記事
スポンサーサイト

| ひとりごと | 13:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うう~(><)
読んでて涙が出そうでした。。
ステキなご両親の元で、愛されてはんださんが
育ったんだなあということが伝わってきます。
はじめての出産で不安だらけだと思いますが、
ご両親や旦那さん、旦那さんのご両親もいはるから、甘えちゃっていいと思います。
赤ちゃんを無事に産むことが、なによりの親孝行・旦那さん孝行になりますよ~

ちなみに私も流産しかかりで、産まれてからもアトピーだなんだと手をかけまくりだったようです。
(^-^;)

| かのえ | 2008/03/31 15:03 | URL |

素敵なご両親ですねぇ(´▽`)
やはり両親仲の良いのが、子供にとっては一番ですよね。
私はかなり適当に生まれて適当に育てられた気がします。
滅多に風邪も引かないし、怪我もしないし(笑)
でも結構恥をかかせたと思うので、申し訳なく思っています・・・。

| 和流 | 2008/03/31 15:55 | URL | ≫ EDIT

素敵なご両親ですね~。
「親が親なら、子も子」とは
よく言ったもので、どうして
はんださんが、そんなに良い子なのか
なんだか、そのルーツが少し見えた気がしました。

孫を産むって
1つの良い親孝行だと思いますので
どうぞ、元気な子を産んで下さいね☆
親子間って、お互いの年齢によって
付き合い方とか距離感とかが微妙に変化しますが
はんださんのご両親は、一生ご両親ですものね。
良いお話をありがとう。

| あっち | 2008/03/31 17:20 | URL |

お母さん、大変だったんですね~
愛情たっぷりで、はんださんが育ったんだろうな~って思いました。
首の筋肉が固まってしまうなんて
そういう事もあるんですね~・・・
きっとはんださんも、お母さんに似て
子供に愛情たっぷりになりますよ~
自転車で通うのも、けっこうきついですよね。
でもなかなか、あの頃の事、すごい感謝してる!とかいいにくいですよね~
私も両親には、感謝でいっぱいです!
でもあの時の、あの一言・・・
ごめんね。。。とか言えなくて、思い出すと
胸が痛みますよ~~!><

| といめ | 2008/03/31 22:22 | URL | ≫ EDIT

>かのえさん

ありがとうございます。
ひとり家を出てからですね、
両親のありがたみを感じたのは。
近くにいる、お義父さん、お義母さんもありがたい存在です。
とにかく、無事に産むことだけを考えます。

かのえさんも生まれるまでに、いろいろあったんですね。
母の言葉を借りるなら
「あんた、ちゃんと生まれて来て、粘り強いんだからー。大丈夫さー」
…だそうです(笑)


>和流さん

ありがとうございます。
やっぱり両親が仲がいいのが1番ですね。
影ではよく喧嘩してたみたいですが、
子供の前では絶対見せない!と決めてたようで。
我が親ながらすごいです。(ヲイ)
痴話喧嘩はよくしてましたけどね(笑)

和流さんもご両親に申し訳ない、という気持ちがあるのなら
それで充分な気がします。
私もよく恥かかせてました…(爆)
はは凹


>あっちさん

ありがとうございます。
いやいやいや。私はいい子には遠いですよー凹
ただ両親は立派なんだ、と思えます。
親ですからね。
今、乗り越えられちゃうと困るんですけどね(笑)

年齢によって距離は変わってきますね。
今がちょうどいい感じなのかもしれません。
ただ、いくつになろうが親にとっては子供は子供。
昔、祖父を見てたらつくづく感じました。
私らもきっとそうでしょう。


>といめさん

ありがとうございます。
両親に感謝できるようになったということは
それだけ大人になったんですよ。きっと。うん。

19歳まで知らなかったんですよー。
私が流産しかかったことや、逆子、斜傾のこと。
妹なんか最近まで知りませんでしたよ(笑)
斜傾専用の枕、砂が入ってるらしいんですが、
まだ取っておいてるそうです。

今は実家近くに病院も増えたんですけど
昔は田舎すぎてなくて(爆)
私の赤ん坊の頃のことがきっかけで
母は免許を取ったんですよ~。

いつか、感謝の言葉が言えればいいと思います(^-^)

| はんだ | 2008/04/01 15:41 | URL | ≫ EDIT

なんか、私も妊娠して改めて、自分の親のことを思うことが多くなったよ。子供すぎて見えなかったことが、今ようやく見える感じ。
でも、孝行したいときに親はなし。うちの両親はすでに他界してしまいました。
はんださんは素敵なご両親が健在なんだから、かわいい赤ちゃんを産んで、思い切り時事&馬場を喜ばせてしまいましょう!ウフフ。楽しみにしてると思うよ~!

| ヒポ | 2008/04/01 16:05 | URL |

ステキなご両親様ですね^^
これも愛あってですね!

はんださんは愛情いっぱいで今のはんださんがいるんですね☆
今度ははんださんが赤ちゃん産んで
両親に親孝行の番ですね☆

子は母に似るって言うから生まれた子にははんださんも
同じだけ愛情注ぐでしょうね☆

うちの両親は私の前で平気で喧嘩ばかりされて見て来たので
うちらは絶対子供の前だけでは喧嘩しないようにしなきゃねっ!って話してます^^

| cocoachi | 2008/04/02 11:51 | URL |

>ヒポさん

ありがとうございます。
ヒポさんのご両親はお亡くなりになっていたのですか…。
今になってわかる親のありがたさ。
私も一応、大人になったのでしょう、多分(コラ)
今になっていろいろ考えちゃいます。

帰ったら、どうなるんでしょうね(笑)
5月のGWに帰る予定です。
今から父、母の反応が楽しみだったりします。


>cocoahiさん

ありがとうございます。
いざ、自分が子供を産むとなると変な感じです。
…まだ半年も先なんですけどね(笑)
うーん、どうなるのかしらん…。

母に似るとなると、結構スパルタかも…。
小さいときは母が怖かったですもん(笑)
…たぶん、そうなるのかなw

子供の前での喧嘩、結構ズキッときますもんね…。
祖父母でそうでしたから(爆)
うーん、守れるかどうか不安です~凹

| はんだ | 2008/04/02 12:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://1980me.blog50.fc2.com/tb.php/479-02654a59

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。